平成30年春の外国人叙勲伝達式/セオドア・ウィリアム・グーセン・ヨーク大学教授

CG & Dr. Goossen
旭日小綬章を受章したグーセン教授(左)と伊藤総領事
 

8月7日,伊藤総領事は,カナダにおける日本研究の発展及び日本文化の普及に寄与した功績で旭日小綬章を受章されたセオドア・ウィリアム・グーセン・ヨーク大学教授への叙勲伝達式を行いました。式典には,トロント大学,ヨーク大学,ライアソン大学等の教授・関係者,日系文化会館館長をはじめ,親族,教え子,同僚,友人など多数が出席しました。
 
グーセン教授は、1981年から現在までヨーク大学で教鞭を執り,日本文化・日本文学の理解促進に貢献されてきました。また,この間東京大学の客員教授(2007年~2008年,2009年~2010年)や国際日本文化研究センターの客員教授(1997年~1998年)も務めています。1981年には日加両国の民間草の根交流促進を目的として「日加協会」を設立,初代会長を務めました。グーセン教授は村上春樹氏の作品の英訳者としても知られ,多くの日本の作家による文学作品を英語圏の読者に紹介し,対日理解の促進に貢献されています。これら多くの貢献を称えられ、今回の受章となりました。おめでとうございます。

 
CG
伊藤総領事による祝辞
 
 
Dr. Goossen
グーセン教授による答辞
 
 
Ms. Meg Taylor
出席者代表として祝辞を述べるグーセン教授の友人・編集者であるメグ・テイラー氏
 
 
Toast
ジェームス・ティーセン・ライアソン大学准教授による挨拶・乾杯の発声
 
 
Dr. Goossen2
勲章と勲記を授与されたグーセン教授 
 
 
Room
レセプションの様子