JETプログラム帰国者歓迎レセプションの開催

Group
伊藤総領事(中央)とJETプログラム帰国者の皆さん


11月3日、伊藤総領事はJETプログラム帰国者レセプションを主催しました。日系コミュニティ、日系企業、JET参加者OB 、日本語教育関係者等が出席し、この夏に日本から(オタワを除く)オンタリオ州に帰国したJETプログラム参加者を歓迎しました。伊藤総領事は挨拶の中で、自身が29年前にオタワの日本大使館で手がけた最初の仕事の1つがカナダからのJETプログラム第一期生を送り出すことだったことに言及し、それ以来多くの参加者を得てカナダのJETプログラムが発展していることが非常に喜ばしく、またJET経験者が日本とカナダとの絆を深める貴重な人材になっていること、新たな帰国者の皆さんにもプログラムで得た貴重な経験を生かし、日本との絆を大切にし続けて欲しいと述べました。  

 
Co-Chair
JETAA共同責任者のスティーブン・ブランストン氏によるJET帰国者歓迎の挨拶  
 
Haram
今年度のJET帰国者を代表してHaram Kang氏が挨拶を述べました。  
 
Christine Nakamura
アジア太平洋財団(APFC)トロント事務局のクリスティーン・ナカムラ所長が乾杯の音頭を取って下さいました。
 
Reception
伊藤総領事と歓談するJET帰国者の皆さん  
 
Reception2
レセプション会場の様子