ハイパーク桜寄贈60周年記念及び天皇陛下御即位祝賀セレモニーの実施


(左より)記念植樹をする伊藤総領事、ブティラ・カルポチェ・オンタリオ州議会議員、ジョン・トーリー・トロント市長、アリフ・ビラニ連邦議会議員

4月28日、在トロント日本国総領事館は、トロント市と共催でハイパーク桜寄贈60周年記念及び天皇陛下御即位祝賀セレモニーをトロント市内のハイパークで開催しました。式典では、1959年に東京都の市民から寄贈されてから60周年を迎えるのを記念するとともに、トロント市と日本との今後のさらなる友好の発展を祈念して、新たに桜の木を植樹しました。記念植樹には、伊藤総領事のほか、トロント市のジョン・トーリー市長、地元選出のアリフ・ビラニ連邦議会議員及びブティラ・カルポチェ・オンタリオ州議会議員が参加しました。式典では、邦楽グループTen Tenによる演奏、ダンスグループ桜舞による演舞、裏千家淡交会トロント支部の協力による野点の茶道の披露も行われました。

今回の植樹では、ハイパークのほか、市内のトリニティー・ベルウッド公園、シダーベール公園に、合計17本の桜が植えられました。
 

日加の友好関係及び令和の始まりについて述べる伊藤総領事


日本とトロント市民との友好の絆をスピーチで言及するトーリー・トロント市長


祝辞を述べるアリフ・ビラニ連邦議会議員


祝辞を述べるブティラ・カルポチェ・オンタリオ州議会議員


邦楽グループTen Tenによる演奏


ダンスグループ桜舞による演舞


野点の茶道によるおもてなしを体験するトーリー市長ら


式典を取材する報道陣