2019年ラグビーワールドカップ日本大会PRレセプションの開催

3月28日、総領事公邸にて、今年9月から11月にかけて日本で開催予定のラグビーワールドカップ大会をPRするレセプションを開催しました。伊藤恭子総領事は、冒頭挨拶でカナダチームの予選試合が行われる各都市及び岩手県釜石市の復興について触れ、来場者に向けてぜひ日本を訪れてほしいと述べました。カナダチームは、福岡市、大分市、神戸市、釜石市で試合があります。レセプションでは、試合地にちなんだ日本酒を提供。カナダチーム応援者向けに試合地の魅力を発信しました。

 

ワールドカップ優勝杯「ウェブ・エリス杯」と記念写真(左から、世界ラグビー殿堂入りした元カナダ代表選手
アル・シャノン氏、伊藤恭子在トロント日本国総領事、カナダ・ラグビー協会会長ティム・パワーズ氏)


伊藤恭子総領事による冒頭挨拶。カナダチームの予選試合が行われる各都市及び岩手県釜石市の復興についてPR。


レセプションでの様子。公邸料理人による和食を楽しむ招待客。


カナダチームの試合地にちなんだ日本酒をマップの解説とともに提供。


訪日観光ブースを設置。


JNTO制作のカナダチーム試合地を特別編集したカナダチーム応援者用の「訪日ガイドブック」
を配布。招待客に好評を博しました。