伊藤総領事のカワサレイク市訪問


I.E.ウェルドン高校の日本語クラスの生徒たちと

 
11月30日、伊藤総領事は、オンタリオ州カワサレイク市を訪れ、アンディ・リーサム市長と面会し、日本との交流について意見交換を行いました。合併により現在はカワサレイク市の一部となったリンゼイは、北海道名寄市と1969年から交流を続け、来年には姉妹都市提携50周年を迎えます。
 また、伊藤総領事は、市内のI.E.ウェルドン高校の日本語クラスを訪問し、日本に関するプレゼンテーションを行いました。質疑応答では、多くの手が挙がりました。



カワサレイク市のアンディ・リーサム市長と

I.E.ウェルドン高校の校内には、名寄市から旧リンゼイ市に贈られた寄贈品が展示されている。


名寄市からの寄贈品を飾った校内の展示コーナーで日本語教諭のグリア・ピドー先生と。