第7回トロント日本映画祭開幕

Opening
トロント日本映画祭のオープニングで挨拶を述べる伊藤総領事

 
6月7日、日系文化会館でトロント日本映画祭(TJFF)が開幕しました。この映画祭は北米では最大規模の日本映画祭で今年で7回目を迎えました。今年は合計29本の映画を上映し、日本からも監督や俳優をゲストとして招いています。オープニングでは山崎貴監督の『DESTINY 鎌倉ものがたり』が上映され、昨年の映画祭に来訪した山﨑貴監督のビデオメッセージも寄せられました。今年の日本映画祭は日加修好90周年記念事業としても位置づけられています。伊藤総領事は挨拶の中で、映画ほど日本文化を良く表すものはなく、トロントでこのように大規模な映画際が今年も行われることは極めて意義深い旨を述べました。


 
Heron-san & Takabatake-san
TJFF共同実行委員長である日系文化会館のジェームズ・ヘロン館長(右)と映画のプログラムを監修した高畠晶氏(左)
  
Mr. Chris Hope
TJFFの共同実行委員長であるクリス・ホープ氏
  
Director Yamazaki
山崎貴監督からのビデオメッセージ
 
Audience
会場の様子。映画祭を楽しみにしていた500名以上の皆さんで会場はいっぱいになりました。
  
JCCC Lobby
映画祭のポスター
 
90th Logo
今年のトロント日本映画祭は日加修好90周年記念事業として開催されています。