平成29年度カケハシ・プロジェクト(大学生レベル)帰国者レセプションの開催

グループ
伊藤総領事と29年度カケハシ・プロジェクト参加者

3月16日、伊藤総領事は今年度のカケハシ・プロジェクト(大学生レベル)で訪日したポップカルチャー、スポーツの各分野の参加者、日本語学習者、トロント大学の日本学生会幹部及び関係者を公邸に招いてレセプションを開催しました。出席者は貴重な機会となった訪日の感想や今後の抱負について意見交換し、プロジェクトへの参加を通じて培った日本との関係を今後も大切にしていきたいという声が多数聞かれました。

 
CGスピーチ
伊藤総領事による冒頭挨拶
 
 
Kris Burley Speech
カナダオリンピック委員会アドバイザーで、今回のスポーツ招へいで
2020年東京オリンピックを目指す選手を率いて訪日したMr. Kristan Burley(元オリンピック体操選手)。

 
 
Siobhan Bradley Speech
参加者を代表して訪日の感想を述べる、トロント大学で国際関係を研究する大学院生Ms.Siobhan Bradley
 
 
Kampai
アジア太平洋財団(APFC)トロント事務所のChristine Nakamura所長による乾杯の発声。
APFCはカケハシ・プロジェクトの実施を委嘱されています。


 
Room
レセプションで歓談する参加者