日加修好90周年事業:Textile Museum of Canadaでの『久保田一竹の着物展』

Group
左から伊藤総領事、本件展覧会のキュレーターを務めたMs. Jacqueline Marx Atkins,
Textile Museum of CanadaのEmma Quin館長、展覧会のコーディネーターであるMr. Victor Mudretsov


 
2月7日、Textile Museum of Canadaで『久保田一竹の着物展』が開始され、そのオープニングレセプションに伊藤総領事が出席しました。この展覧会は「一竹辻が花」で知られる久保田一竹による着物作品41点を紹介するもので、5月13日まで開催されています。詳細は以下のTextile Museum of Canadaのリンクをご覧下さい。http://www.textilemuseum.ca/exhibitions/current-exhibitions/artistry-in-silk-the-kimono-of-itchiku-kubota
この展覧会は、日加修好90周年記念事業の1つとして位置づけられています。伊藤総領事は、挨拶の中で「辻が花染め」の歴史と久保田一竹の功績を紹介しました。また、レセプションでは日本文化紹介の一環として、日本酒も提供しました。

 
CG
挨拶を述べる伊藤総領事
 
Ms.Quin
Textile Museum of CanadaのEmma Quin館長による挨拶
 
Mr.Mudretsov
展覧会のコーディネーターを務めたMr. Mudretsovによる挨拶
 
Ms.Atkins
展覧会のキュレーターを務めたMs.Atkinsによる挨拶
 
Exhibition
展覧会の様子
 
Sake
レセプションで提供された日本酒